グリーンポケットは、 国土緑化株式会社 が運営するグリーンレンタルのフランチャイズ事業です。

オフィスや店舗へ緑を!観葉植物の総合レンタルサービス「グリーンポケット」オフィシャルサイト

CSRへの取り組み

csr t

植物のCO2の吸収量の測定や、国産材活用オリジナル商品の開発など、グリーンポケットのCSRへの取り組みをご紹介。

 

csr 1

csr 2

csr 3csr 4

私たちは室内環境において、植物が最大でどれくらいのCO2を吸収するのか検証実験を行いました。csr 5csr 6csr 7

私たちは、観葉植物のCO2吸収効果を測定することで、

緑をより多くの場所に普及させ、地球温暖化防止に貢献します。csr 8

csr 9

 

csr 10 csr 11 csr 12 csr 13

 独自の可変構造により、様々な空間に対応する室内緑化システムです。一面一面を手仕事で削り上げた国産ヒノキ(熊本県産)枠材で囲むことで、高級感のある空間づくりが可能です。

用途の少ない端柄材にリブ(凸凹)加工を施したウッドボックスを積み重ねることで、鉢の高さを自由に変化させることができ、様々なコーディネートが可能になります。  間伐材の中でも林内に廃棄される小径部位を輪切りにし、皮をむいて穴をあけただけの「日本の森をそのまま感じる」ことができる丸太くりぬきミニプランターです。  国産ヒノキ合板を使用した、自然な木目が美しいウッドプランター。すっきりとした印象で、ナチュラルでありながら高級感のある仕上げとなっています。 

 

csr 14 csr 15
 国産オリジナルプランターを使用したグリーンレンタルのご利用及びプランターを購入いただくことにより、初回レンタル料金及び販売料金の一部をEVIを通じた森林クレジットの購入や一般社団法人モア・トゥリーズへの寄付として、国内の森林保全活動に役立てられます。国産材の活用や森への寄付を通して、森を活かすサイクルをつくるプロジェクトです。 各種レンタルグリーンには、「ヒノキシートPOP」を設置いたします。ポップに、国産材使用や森林保全への寄付等エコ活動のメッセージを表記する事で、グリーンが環境貢献への取り組みのシンボルとなり、働く社員や来客への発信ツールとしてご活用いただけます。また、このPOPにも国産ヒノキ材を使用しております。 

国産材を使い日本の森を守ることも、「小さな森づくり」の一環です。

csr 16csr 17csr 18
 

限られた資源を有効にリサイクルし、環境とお客様に優しい

 

持続可能なサービスを提案いたします。

現在地: ホーム レンタルについて グリーンポケットのCSR